• アクセスはこちら
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-70-2736

平日9:00~17:00  出張相談・土日相談大歓迎!

Q&A相続した実家を空き家のままにしておくことのデメリットは?

Q.実家を相続しましたが、現在は空き家になっています。更地にすると税金が高くなりそうなので、手を付けていません。しかし、長期間放置していると税金が高くなり、解体を通告されるって聞きましたが、本当ですか?

 

A.空き家をそのままにしておく理由として、建物がある土地は、最大で固定資産税が6分の1まで軽減されるという税金のメリットを受ける、ということが挙げられます。それに、建物の解体や立替をするにも大きな費用がかかります。

 

空き家が及ぼす悪影響を鑑みて、平成27年5月に空き家対策特措法が施行されました。保安上・衛生上等で問題のある空き家を「特定空き家」として勧告の対象とします。

そして、指導しても改善しない空き家については、段階を追って固定資産税の軽減対象から外すことが可能となります。つまり、固定資産税が大きく跳ね上がってしまうのです。

これら処分を経ても改善を完了できない場合は、強制撤去等の対象となります。撤去費用は所有者が負担することになっています。

 

 

一方、平成28年度税制改正では、「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」が新たに創設され、一定の条件を満たした空き家を売却すると、3,000万円の特別控除が受けられます。

 

一定の条件とは、たとえば1981年5月以前築の家屋であること、売却額が1億円以下であること、相続してから3年目の年末までに売却することなどです。

空き家を取り壊して売却する場合にも適用可能です。

 

国税庁HP→https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3306.htm

 

平成28年4月1日以降の売却が対象です。

 

つまり、「空き家を相続した場合に、そのまま放置せず相続から3年目の年末までに売却してくれたら、譲渡益から3000万円を控除でき(つまり納税額が最大およそ600万円節税になる)るので、空き家にせず売却を前向きに検討しましょう」という税制です。

 

 

 

相続・贈与について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

この記事を担当した行政書士

行政書士法人いわみ会計事務所

代表

岩見 文吾

保有資格

公認会計士・税理士・行政書士・FP

専門分野

相続・会計

経歴

行政書士法人いわみ会計事務所。大手監査法人での勤務を経て、2013年にいわみ会計事務所を開業。会計監査業務のみならず、相続に関しても年間200件近くの相談に対応するベテラン。その他、相続に関する多数のセミナー講師も引き受けている。


専門家紹介はこちら

主な相続手続きのメニュー

  • 不動産相続サポート 50000円〜
  • 相続手続きプレミアムサポート 250000円〜
  • 生前対策ライトサポート 50000円〜
  • 生前対策プレミアムサポート 250000円〜

相続手続きのご相談をご検討の皆様へ

ご自身で手続きを進めようとお考えの方も注意が必要です

相続・遺言の 無料相談受付中!詳細はコチラ 0120-70-2736

相続のご相談は当相談室にお任せください

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 遺産相続手続…

    対応については何も言うことがありません。十分満足しております。

お客様アンケート一覧についてはこちら
Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-70-2736

    平日9:00~17:00  出張相談・土日相談大歓迎!

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
PAGETOP